試験業務

材料試験依頼方法

公益財団法人群馬県建設技術センターでは、建設事業に関する工事用材料試験を実施しておりますので是非ご利用ください。
なお、試験依頼の際には次の事項にご注意ください。

●共通事項

(1)

試料を持参し、受付窓口に備え付けの試験依頼書に必要事項を記入し、お申し込みください。
※試験依頼書は下記によりダウンロードも出来ます。
また、試料は宅配便でも受付けております。依頼書及び返信用封筒を同封してください。
受付後、請求書をFAXで送り、結果通知書送付時に原本を同封します。
≫≫試験依頼フロー図


≫≫コンクリート試験(Excel)    ≫≫金属材料試験(Excel)    ≫≫アスファルト試験(Excel)    ≫≫骨材・土質試験(Excel) ≫≫中性化試験(Excel) ≫≫ボス供試体圧縮強度試験(Excel) ≫≫副本交付・試験機証明書(Excel)

※試験結果通知書発行後の依頼内容の修正は下記の試験依頼書修正願にて手続きをお願いします。依頼時に修正前の結果通知書をお持ちください。


≫≫試験依頼書修正願(Excel)

(2) 試験手数料は、依頼時に現金または口座振込にてお支払い願います。試験毎の手数料は材料試験手数料を参照してください。
(3) 受付時間は、9:00〜12:00、13:00〜16:30までとなっております。
(4) 休業日は 毎週土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始です。
(5) 結果通知書を郵送希望される方は、返信用封筒の返信先を記入してお持ちください。
(6) 副本等の交付期間は、試験結果通知書発行日から5年以内です。
(7) 発注者等、立会での試験を希望される方は、事前に電話等でご連絡ください。
(8) 事業主体が公共機関の場合、事業者の求めにより試験結果を報告する場合がありますのでご了承ください。

○コンクリート・モルタル試験等の依頼について

(1) 供試体は、試験当日に持ち込んで頂くか、事前搬入も可能です。
(2) 供試体は、依頼者の責任において作成してください。当センターでは、供試体の製作は行っておりません。
(3) 試験日が休業日にあたる場合は、試験日を指定してください。
(4) モルタル、セメントミルク、抜取コア等の圧縮強度試験も同一手数料で実施しております。

○鋼材試験の依頼について

(1) 供試体は、鋼材試験片寸法表の寸法に切断して持参してください。
当センターでは、供試体の製作は行っておりません。
(2) フレアー溶接継手の試験については、鉄筋径により実施できない場合がありますので、
事前に問い合わせて下さい。また、径により加工が必要になります。

≫≫フレアー溶接継ぎ手試験形状図

○アスファルト試験の依頼について

(1) 2層以上の供試体は切り離してお持ちください。切り離した個数が依頼個数となります。
(2) 路盤面に付着した路盤材等は、きれいに落としてください。
(3) 抜取コアの抽出試験は、篩い分け試験(2.36o,75μmのみ)を含みます。

○土質・骨材試験の依頼について

(1) 試料は、1袋20kg程度とし、種類、会社名を袋に記入し縮分後の試料を必要量(材料試験手数料参照)持参してください。
(2) 突固めによる土の締固め試験、修正CBR試験、CBR試験は、40o以下にふるった試料をお持ち下さい。
(3) 土の固化材については、土の一軸圧縮試験でも、行います。依頼時、確認下さい。
≫≫材料試験手数料
≫≫鋼材試験片寸法表